銀座 誠友堂

Home > ワーク> 銀座 誠友堂

金は小分け分割で節税【銀座誠友堂】


の関連情報

金(きん、英: gold, 羅: aurum)は原子番号79の元素。第11族元素に属する金属元素。常温常圧下の単体では人類が古くから知る固体金属である。 元素記号Auは、ラテン語で金を意味する aurum に由来する。 見かけは光沢のある黄色すなわち金色に輝く。日本語では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(お金)である。金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「黄金時代」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。金の字を含む「金属」や「金物」(かなもの)は金属全体やそれを使った道具の総称でもある。 金属としては重く、軟らかく、可鍛性がある。展性と延性に富み、非常に薄く延ばしたり、広げたりすることができる。同族の銅と銀が比較的反応性に富むこととは対照的に、標準酸化還元電位に基くイオン化傾向は全金属中で最小であり、反応性が低い。熱水鉱床として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として採集される。 これらの性質から、金は多くの時代と地域で貴金属として価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため精錬の必要がなく、装飾品として人類に利用された最古の金属で、美術工芸品にも多く用いられた。銀や銅と共に交換・貨幣用金属の一つであり、現代に至るまで蓄財や投資の手段となったり、金貨として加工・使用されたりしている。ISO通貨コードでは XAU と表す。また、医療やエレクトロニクスなどの分野で利用されている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昭和56年創業、銀座に国内最大級の日本刀専門店を持つ銀座誠友堂ならではのサポート。安心と信頼のお取引をモットーに経験豊富なスタッフが丁寧にご案内いたします。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。金を小分けによる節税はお任せ下さい。

金のインゴットをそのまま売るのは控えましょう。それは、そのまま売ってしまうと譲渡益が発生してしまいます。譲渡益は譲渡所得して課税されますので、普通にそのまま売ると大きく損をしてしまうことになります。譲渡所得には特別控除額がありますので、その控除額は50万円となっています。これは税制でそう決まっていますので、これを活用すれば大幅に節税することができます。それはどういうことなのかと言いますと、金のインゴットは小さく加工することができます。金のインゴットの譲渡益は重さに比例します。そこで重さを軽くすれば譲渡益を少なくすることができるというわけです。この作業のことを小分け作業と言います。この小分け作業をすると特別控除額の50万円以内に抑えることが可能です。また売るのではなく贈与する時にも小分け作業は有効な節税対策になります。贈与税の控除額は110万円となっていますので、その控除額の範囲内で贈与すれば課税されることはありません。こうした知識を知らないで小分け作業をしないでそのまま売ったり贈与したりすると、多額の課税がされることになります。ですから、金のインゴットを売る若しくは贈与する場合には小分け作業は必須であると言えます。日本の税制は知っている者が得する制度になっていますので、合法的に節税ができる方法があるならば積極的に利用することが大事になってきます。金のインゴットのような現物資産はとても貴重な資産なので、売ったり贈与したりした際に資産の目減りはできるだけ避けた方が良いため、それには小分け作業を上手に活用しましょう。ではその小分け作業をする場合にはどうすれば良いかですが、それは専門業者に依頼します。ただし、日本国内にはまだこの作業を依頼できる専門業者は少ないというのが現状です。中には悪質な業者も少なからず存在することから、信頼できる業者を見極める目が必要になってきます。これに関しては、口コミ情報サイトを利用して評判の良い業者を探していくしかありません。
PAGE TOP ↑