クリエイト・エム・ビザインフォメーション

Home > レクリエーション> クリエイト・エム・ビザインフォメーション

オーストラリアビザETAS申請代行 | クリエイトエム


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オーストラリアビザETAS申請代行1名680円。即日申請完了。出発前日迄受付。ETAS申請完了後に公式ビザ番号(ETA Grant Number)もご案内。緊急でも追加料金不要。FAX,郵便での申込も可能。領収書発行可、認可旅行会社の安心登録です。

日本からの観光客が多い国の一つがオーストラリアです。世界遺産に登録されるような雄大で美しい自然も多く、またカンガルーやコアラでもおなじみの国ですね。ところで、このオースラリア旅行の際に戸惑うことが多いのがオーストラリアビザの「ETAS」と呼ばれるものではないでしょうか。アメリカや韓国を始め多くの国では短期間旅行するのにビザなど必要ないのに、オーストラリアは違うのです。しかも、このオーストラリアビザ「ETAS」は通常のビザとは大きく異なるところがあります。それはインターネット上で発行される電子ビザであることです。そのため大使館や領事館まで足を運ぶ必要はありませんが、オンラインで申請しなければなりませんので、パソコンの操作が苦手な人には難しく感じられるかもしれません。自分で申請するのが無理な場合は旅行代理店を通してオーストラリアビザ「ETAS」の申請をしてもらうのが良いでしょう。オーストラリアビザ「ETAS」の申請に問題がなければ、無事に受理され、オンライン上で情報が登録されることになります。そのため飛行機にチェックインするときや入国審査の際にネット上でチェックされることになりますが、その際に自分で何かをすることはありません。従って、登録さえうまく行えば、他の国への旅行と同じようにビザを意識することなく過ごすことができるでしょう。オーストラリアビザ「ETAS」の申請資格としては、3ヵ月以内の滞在であること、渡航目的は観光や短期のビジネス、会議などへの参加であること、犯罪歴がないことなどで、特に問題は内でしょう。また申請の際にはシステム利用料として20ドルが必要ですが、オーストラリアへ支払う費用に関しては基本的に無料ということになっています。なお、電子ビザなので書類はありません。しかし、書類がないと何となく不安という方もあるかもしれませんね。そのような方のために代行会社がETASの登録証明書を発行してくれる場合もあります。

注目キーワード

お茶の間留学
NOVAの画期的な英会話学習システム。 生徒はインターネット経由のテレビ電話を使って、自宅からレッスンを受けることができる。
駅前留学
駅前の語学学校に通うこと
<<関連情報:オーストラリアビザ>>
PAGE TOP ↑