えみあす

Home > リビング> えみあす

デイサービスは狭山市の介護予防フィットネス「えみあす」


看護師の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デイサービスなら狭山市の「えみあす」へ。介護保険制度が使える介護予防運動専門の介護予防フィットネスで1日3時間のデイサービスです。

狭山市のみならず、その近郊・郊外の高齢者に利用できるのは、介護サービスや介護施設などです。ですが、ご家族が近くにいない、あるいは介助者として苦労しているのならば、満足できるのは老人ホームをはじめとする介護付き宿泊施設や住宅です。本当に求める介護サービスに据えておきたいポイントとしては、狭山市という地域密着型である点、さらにアットホームな環境づくりに取り組んでいることです。在宅でのデイサービスを求めるならば、その人らしい暮らし方はそのまま活かし、施設には、ゆったり・のびのび・ハツラツなど、年齢に負けない環境づくりであることも重要です。介護のトータルサポートは狭山市でも提供されていますし、高齢者の多くは、住み慣れた地域での生活を送りたいものです。中小規模な施設の方が、地域にも人にも密着している傾向です。また、障害を持っていても、例えば、施設の福祉車両のおかげにより、車椅子を使用する方の送迎も安心ですし、在宅で介護を受けてはいるものの、食事や入浴、さらにリハビリテーションのみを利用することもデイサービスならば可能です。ご家族、特に介助者自身も高齢であるならば、残存機能を活かして、可能な限り自立できる暮らしをデイサービスでも期待しています。こうした点も、機能訓練が適しており、狭山市の病院であったり、理学療法士を含むリハビリテーション部指導の下、運動プログラムを提案してくれます。もちろん、有意義に過ごすにも、同じ環境、年齢の方々を含め、スタッフの方とレクリエーションを楽しんだり、お茶会などの催しなどで楽しく過ごすことも可能です。現在では、1日体験が可能である施設も少なくはなく、利用前に不安があれば、まずは体験や相談からはじめ、利用するか否かは、当の本人の意見を第一に、希望や要望を聞く姿勢も大事になります。相談窓口も設けられていますし、生活支援コーディネーターの存在も増えていて、高齢者支援のニーズを把握してくれています。

注目キーワード

外国人看護師
外国人の看護師のこと。日本が経済連携協定(EPA)を結んでいる国から受け入れている。
准看護師
都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助をなすことを業とする。
<<関連情報:デイサービス 狭山市>>
PAGE TOP ↑