関東給湯器交換

Home > リビング> 関東給湯器交換

リニューアル作業を行っています。


オール電化住宅の関連情報

オール電化住宅(オールでんかじゅうたく)とは、IHクッキングヒーターやエコキュートなどの機器を導入することで調理・給湯・冷暖房などに用いるエネルギーを全て電気によってまかなうシステムを備えた住宅 。
※テキストはWikipedia より引用しています。

石油給湯器交換については、絶対必要な資格はありません。ですので自らが実施できすが、取り付けを実施するための工具が必要とされます。 給湯器交換する石油給湯器においては、工事説明書が同梱されていることから、しっかり読んで欠かすことができない工具を揃えることが大切となります。 しかしながら、給湯器交換のための必要な作業には、ある程度危険もあります。工事に適した服で実施することが大事になってきます。自身は自らが守ることを意識して作業にあたりましょう。 手順に関してですが、 第一に、給湯器交換前の石油給湯器を外します。給水及び給湯の配管それから、灯油を送る配管やリモコンの線、アース線といったものを本体から離す作業を実施します。 この際の注意点として、管は利用可能なものはそのままの状態で活用したいのですが、全く使えないものもあることです。腐食が進行しているものであるとか、溶接でリンクされているものなどは削り取らないといけないケースがあります。 ネジ式でリンクされているのであれば、ネジの部位での取り外しを実施します。切断方法であれば、切断の上新品の管とリンクして立ち上げる必要があります。 給水及び給湯の配管の材料に関してですが、施工性が非常によく金額も安く錆びることが無い塩ビの材質のが良いでしょう。のこぎりを利用することによって自由な長さに制御することができ、折り曲げ部分についても専用部材があります。ジョイントする所に接着剤を活用して固定することが必要です。 それから、灯油を送る配管を繋げば、エア抜きを忘れることがないようにします。エア抜きを忘れると灯油を送れなくなりますので気を付ける必要があります。あとは、リモコンの線とアース線、電源をつなげば接続は終了です。 そして、機具が水平にキープされていることと現実に機能するか、水漏れはないかなど調べます。水漏れに関しては、管のジョイントの部位を確実にチェックしましょう。動作の確認及び水漏れが無いことが確かめられたら、配管に保温材を覆って工程が終了になります。
PAGE TOP ↑