ATERIER100&1

Home > リビング> ATERIER100&1

結婚指輪・婚約指輪を自分達でつくれる - 東京・横浜・金沢の手づくり指輪のアトリエ100&1


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

理想的な結婚指輪を手作りで実現したいなら、それを手伝ってくれる業者を探すことが最優先事項です。通常のアクセサリーを作成する業者を見つけるだけなら、そんなに難しい話ではないでしょう。ただ、結婚指輪の手作りに特化した業者を探すとなると、ある程度は限定されてきます。インターネット上に目を向けながら、全国規模で探す努力をすると、割と早い段階で見つけ出すことが可能です。選ばれ続けている業者なら、人気ランキングでも目立つ所で掲載されていたりするでしょう。また、実際に結婚指輪を手作りで作ったことがある人の体験談を、こまめに確認するだけでも、かなり変わってきます。優秀な業者を見つけ出したら、その業者とダイレクトで連絡を取り、夫婦が望んでいるデザインを伝えるのが基本的な流れです。遠慮せずに、どんな指輪が欲しいと感じているのか、すべて伝えておきましょう。もし希望のデザインが出来上がっているのであれば、紙に書いて伝えたり、メールにデザインを添付して送ったりし、理解してもらうことが大切です。どこまでが可能で、どんな部分が難しいのか、良心的な業者なら包み隠さず教えてくれます。また、結婚指輪で重要なのは、なんといっても素材選びでしょう。リングの部分に、どんな金属を用いるのか、金額も大きく変わってきます。また、宝石などの装飾品を使うのであればなおのこと、宝石によって金額が変わってくるので、注意しておきたいところです。ダイヤモンドを贅沢に使うとなると、非常に高額な金額になるので、ある程度余裕を持って予算を組む必要があるでしょう。無理にダイヤモンドを使わなくても良いので、夫婦2人で好きだと感じる宝石を散りばめるやり方でも、悪くないです。大切なのは高価なものかどうかではなく、2人の気持ちがこもっているかどうかなので、そこはあまり問題ではないといえます。結婚指輪の制作現場に携わらせてくれる、良心的な業者を選べば、さらに思い出深い手作り作品が出来上がるでしょう。
PAGE TOP ↑