ロックセキュア

Home > リビング> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

様々な犯罪の中でも毎年多く発生しているのが空き巣の被害です。空き巣に入られると大切な財産を奪われてしまいますし、場合によっては命の危険もあるので事前に対策しておくことがとても大切です。空き巣の防犯対策には防犯カメラやセンサーライトの設置が有効であるとされています。また、ガラスを割って侵入するケースも多いことから防犯フィルムを貼る方法も効果が期待出来ます。近年の技術革新によって様々な防犯対策が登場しているので、複数の方法を組み合わせることによって家のセキュリティーを高めることが出来るでしょう。防犯カメラやセンサーライトに加えて防犯対策として有効なのが玄関ドアのツーロックです。ドアにカギが複数あることで犯罪者を遠ざける効果があるとされています。これはカギを開けるのに時間がかかるためであり、重要な進入経路を防御出来るというメリットがあります。この方法なら手間を掛けずに設置できる方法もあるので、手軽に行える防犯対策だと言えるのではないでしょうか。カギの設置や交換はカギの専門会社に依頼して行います。この時に重要になるのがその会社の技術力や信頼性です。この点に注目して会社選びを行えば安心して依頼することが出来ます。技術力については最新技術への対応や種類の多さなどが判断材料となります。また、信頼性については問い合わせへの対応や過去の実績などが参考になるでしょう。カギの設置や交換を依頼する場合は安心して利用できる会社を選ぶことがとても大切になってきます。防犯対策の重要性が広まるにつれて増えているのがカギの専門会社です。そのため多くの会社があるのが現状です。そこで関東近郊で会社選びをするならロックセキュアという会社があります。この会社なら圏央道内を出張エリアとしているので幅広く利用することが出来ます。ロックセキュアは料金の安さなどから多くの人に選ばれており、その中には不動産会社も含まれます。保証やアフターフォローも万全のロックセキュアにカギの設置を依頼すれば、安全にセキュリティー対策を施すことが出来るでしょう。

注目キーワード

鍵山秀三郎
昭和八(1933)年東京に生まれる。「株式会社 イエローハット」(旧社名:ローヤル)の創業者(平成十年、同社の取締相談役に就任)。 著書に、『一日一言』(PHP研究所)などがある。
秘密鍵
private key,プライベートキー 公開鍵暗号方式で使用される「秘密鍵」「公開鍵」の一対の鍵の組のうち、一般に公開されない鍵。 共通鍵暗号方式の鍵も公開してはならないので、「秘密鍵」(secret key)と呼ぶ場合があ
<<関連情報:ロックセキュア>>
PAGE TOP ↑