OKC

Home > 習い事> OKC

ニュージーランド・オーストラリアの高校留学・帰国子女留学ならOKC


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

ニュージーランドは、言うまでもなく非常に美しい国です。自然に囲まれていて、英語ゆっくりと学ぶには、うってつけの地域だといえます。若いうちから英会話を身につけてそれを将来に役立てるといった流れの方が良いでしょう。高校留学でニュージーランドを選ぶのが1番です。最近は、実際に高校留学の段階で、ニュージーランドを選んで、勉強し続けている若者たちが増えてきました。情報を集めたいと感じている人は、実際にインターネット上に目を向けてみるのが良いでしょう。パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上にアクセスすれば、留学している人たちの体験談をすぐに確認することができます。口コミ情報サイト、そして個人のブログなどを確認するだけで構わないので、軽く見ておくと面白いです。ただ、これから本気で考えるにしても、ニュージーランドのどこの学校を利用すれば良いのかがわからないと話にならないでしょう。先程の口コミ情報などをチェックしながらも、実際にある程度有名になってきている留学先のホームページに目を向けて、ダイレクトに特徴を把握することも大切です。カリキュラムの内容、そしてどんな学部で勉強するのが、さらにニュージーランドの治安状況など、見ておくべきポイントがたくさんあります。もし今実際、日本から高校留学生が行っているなら、それだけでも安心して足を運ぶきっかけになるでしょう。日本人の友達が1人でもいれば、とても心強い限りです。ただ、ニュージーランド受け皿となっている留学先では、黙っていても日本人がたくさん来ていたりしますし、そもそも在籍している講師たちが日本語話せたりします。なので、そこまで心配する必要はないでしょう。何よりも、ネイティブスピーカーたちに囲まれて、英語を話さなければならない環境に置かれるので、いやがおうでも英会話を身に付けることができます。自分の将来の可能性の幅を広げることができるので、それだけでもやる価値はありです。

注目キーワード

嵐の中華街留学
フジテレビ「バニラ気分!・まごまご嵐」のコーナーの一つ。 嵐(あらし)中華街で北京語をマスターする企画。 * []リスト[]:リスト::ジャニーズ関連キーワード//固有名詞
駅前留学
駅前の語学学校に通うこと
<<関連情報:高校留学 ニュージーランド>>
PAGE TOP ↑