Westcoast International Education Consulting

Home > 習い事> Westcoast International Education Consulting

カナダ高校留学料金表 | カナダ留学ならウエストコースト・インターナショナルへ


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

安心スタートパック&選べる現地年間サポートプランで、安全で充実の高校留学!ベテラン日本人スタッフによる現地サポートやオプションサポートでカナダでの安全な高校留学とスムーズな学校生活のスタートを実現します。

高校留学を狙っていると言うのであれば、まずは仲介に入ってくれるコンサルティング業者を選ぶ必要があります。もちろん自分で選び、もしくは在籍している高校が協力してくれると言うのであれば話は別ですが、それ以外の方法を選ぶなら仲介業者を選んだ方が無難です。1人で知り合いなどが海外にいて、ホームステイ先を確保したり、手続きをするのも容易なら問題はないでしょう。そういった例外でもない限りは、書類の手続きなども全て行ってくれる、間違いのない仲介業者にお願いするのが一般的な流れになります。評判の良い業者がどこになるのか、それを把握するためにインターネット上の口コミ情報サイトなどに注目するべきです。実際に高校留学をしている人が、どこの仲介業者や学校を選んでいるのか、ブログなどを通して確認させてもらうのも悪くないでしょう。どちらにしても、学校とコンサルティング業者の両方のホームページを確認して、子供がどこに魅力を感じるのかを確認しつつ場所を選ぶことが大事です。当然ながらそれなりのまとまったお金が必要になってきますが、それによって子供の将来の可能性を大きく広げることができるわけですから、安い投資だといえます。特に、英語圏に高校留学するとなると、早い段階でワールドワイドに活躍できるようになるでしょう。世界共通言語となる英語の力を身に付ける事は、今の時代では必須と言われています。だからこそ、早めに高校留学に目をつけ、子供に世界で通じるような力を身に付けてもらうことには、非常に大きなメリットがあると言えるはずです。出し惜しみせずに、多少経済的に厳しいところがあっても、子供がやりたいと言うなら親としてやらせてあげましょう。高校留学に関しては、3年間だけではなく、1年間や2年といった選択肢もあります。無理をして3年間選ぶ必要はないので、少しでも経験したいと言うだけであれば、短期留学を選ばせてあげると言うのも悪くない判断です。

注目キーワード

フィリピン留学
*特徴 +マンツーマンレッスン形式の授業が多い +欧米留学にくらべ費用が安い(1/3程度) +生活費が安い(月2〜3万程度) +異文化体験になる。 +治安も意外にわるくない。(マニラは少し難あり) *お隣、韓国英語...
NOVAうさぎのゲームde留学!?
KONAMIが出した英語学習ゲーム。2006年10月12日からゲームセンターで稼働中。 語学スクールのNOVAが責任監修しており、問題もネイティヴのスタッフによる問題作成の他、全問題にネイティヴスピーカーの音声付きで安...
PAGE TOP ↑