陣内ウィメンズクリニック

Home > 美容> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

結婚をする年齢が上がっているということも関係しているのか不妊で悩む夫婦の数が、徐々に増えています。それに伴って不妊治療をする夫婦の数も増えてきていますが、不妊治療には辛いというイメージがあり、大変な思いをしている人が増えているとも言えます。妊娠という目標に向かって努力をしていくのがこの治療の特徴ですが、必ず成功するとはいえず、どこまで頑張り続ければいいのかがわからないというところも辛さのひとつでしょう。身体的な苦痛が大きいことがありますが、それに加えて精神的なストレスも大きく、ストレスにより体調を壊してしまう人が多いようです。妊娠を成功させるためには体の健康だけでなく心の健康も必要不可欠だと言われており、心の健康を保つための対策をしていくことが大切です。ストレスを全く感じないようにするというのは難しいので、ストレスを感じつつも、上手にストレス発散をしていくことが重要で、自分なりのストレス発散法を持っていると、辛い思いをしても頑張ろうという気持ちを維持することができます。ストレス発散法は色々なものがありますが、趣味の時間を確保することや、ゆっくり過ごす時間を作ることなど何でもいいので、自分が心から楽しめるものを探すことが大切です。また不妊治療をしている時には同じような境遇の人と話をしたり、相談し合ったりすることも気がはれるのでおすすめです。身近に何でも話せる友達がいないという場合や治療をしていることを周りには秘密にしているという場合にはSNSを利用するなどして、同じ悩みを持つ人と繋がりをもつようにすると精神的な安定につながります。また病院選びも重要で、自分に合わない場所での治療は必要以上に苦痛を感じやすくなるので、自分と相性の良い病院選びをするようにしましょう。治療成績の良い病院が自分に合うとは限らないので、それだけで病院を判断せずに、ストレスを感じにくいと感じる病院を選びましょう。

注目キーワード

大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
<<関連情報:不妊治療>>
PAGE TOP ↑