pluspa

Home > リビング> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスは激しい修行を積み重ねた高僧や禅の専門家だけが到達出来る極地だと言われています。ただマインドフルネスにも段階があります。悟りの極致に至るのは大変ですが、広義のマインドフルネスの意味合いである、落ち着いた心を得る事は普通の人々でも出来ます。メンタルケアのサービスを受ける人々が日本国内で急増中です。過酷な労働環境や多忙な日々に忙殺される現役世代が増加して来ており、自分でメンタルを癒す事が出来れば大きなメリットを得られます。マインドフルネスのスキルを得れば、それはすなわちセルフカウンセリングの技法となり得ます。マインドフルネスのスキルを体得する方法ですが、まずは深呼吸が大事です。呼吸は人の体で唯一意識的にコントロール出来る行為だと言われています。他の臓器は言わば勝手に稼働し続けますし、心臓の鼓動のリズムを勝手に変更する事は出来ません。しかし呼吸だけは自分でスローペースにでき、ゆっくりと深呼吸をすれば混乱し始めている脳を整えられます。心の整理整頓に不可欠であり、また心身を深くリラックスさせられるため、大きなプレゼンテーションやスピーチの前に意識して深く呼吸を整えれば、マインドフルネスの極致の入り口へと至れます。他の方法として推奨されるのが、趣味の時間を確保する事です。脳内ホルモンの分泌量が低下すると、人の脳は混乱したりネガティブな感情に支配されます。頭の回転を良くするためには、とにかく自分の好きな趣味に没頭し、雑念を払拭するように努める事です。一見すると無駄に見える行為にこそ、脳内活性化とストレス解消の鍵があります。好きな野球に熱中したり読書に没頭したり、溜めていたビデオを鑑賞したりテレビゲームにハマる事なども、実は広義のマインドフルネスとなります。ストレスは万病のもとです。風邪やうつ病の原因として指摘されており、とにかく多忙な現役世代の人々は早めに趣味の時間を作り、マインドの健康を維持するように努めなければいけません。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...
<<関連情報:マインドフルネス>>
PAGE TOP ↑