自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > リビング> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆の通販 自家焙煎珈琲やすらぎ


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。

朝は目覚めのコーヒーからスタートする人も多いですし、コーヒーがないことには活力が出ないほどのヘビーユーザーもいるほど、コーヒーの魅力は底知れないものがあります。ホットコーヒーは年間を通して楽しむことができますし、夏場になればアイスコーヒー人気が一気に上がりますし、通販サイトでも夏に適したコーヒー豆の紹介をすることもあるほどです。年中季節関係なく楽しめるのがコーヒーであり、コーヒー豆は種類豊富な通販で選ぶという人は増えています。コーヒーを飲むことで、脳も心もほっと一息つくことができますし、仲間や家族とのだんらんにもコーヒーは素敵な役割をする存在です。専門でコーヒー豆を取り扱う通販サイトの数も多くなっているので、希少価値の高い豆に巡り合えるチャンスもあります。コーヒーには特有の風味があり、嗜好を表現する際には酸味や苦みなどのワードを使うケースはとても多いです。それぞれのコーヒー豆には原産地がありますし、コーヒーは焙煎方法によってもコクや風味は変わるほど繊細な存在でもあります。火を使い生豆をローストする工程が焙煎であり、苦みをより感じやすいのは深く煎る方法です。大きくは3つのパターンに分かれていますので、浅煎りや中煎りに深煎りという段階ごとに、コーヒーの風味と味わいはびっくりするほど違います。酸味が強い珈琲を飲みたい人の場合は浅く煎った豆が適していますし、苦みを求めるなら深煎りの豆です。コーヒーを丁寧に淹れてくれる専門の喫茶店などで飲むのは、シティローストやハイローストあたりであり、分類からしたら中煎りになります。赤道南北緯25度のあいだがコーヒー豆の栽培エリアとしては盛んな産地であり、ブルーマウンテンやキリマンジャロなどは、コーヒーを深く知らない人でも耳にしたことはある種類です。酸味が強いタイプや苦みの強いタイプなど、自分の好みのコーヒーを理解したら、美味しいコーヒーを淹れるための豆を購入します。

注目キーワード

コーヒーカップ
コーヒーを飲むときの器。 ティーカップより口が狭い傾向にある。
コンビニコーヒー
コンビニエンスストアで提供されるセルフ式コーヒーサービス。 しっかりとした味のコーヒーを手ごろな価格で飲めることが注目を集め、セブンイレブンを筆頭に各社こぞって展開している。 *主要チェーンのサービス一......
<<関連情報:コーヒー豆 通販>>
PAGE TOP ↑