さやま保育園ふじみ

Home > 習い事> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

この前までミルクを飲んでいた子供が離乳食を食べ始めて、いろいろなものが食べられる狭山市の保育園に入園をする時期になると、親としても子供の食事づくりに張り合いを感じます。たくさん食べてすくすくと育ってほしいのはすべての親の願いですから、食の細い子よりもたくさん食べてくれる子供のほうが、親としても成長のためにも安心を感じやすいです。ほとんどの狭山市の保育園では子供のために給食を用意していますが、年間で数日はママお手製のお弁当を持参する日もやってきます。普段家庭で食べる食事であればママも手慣れたものですが、経常的にお弁当になると頭を悩ませやすいです。狭山市の保育園でお弁当を持参するときには特に指定はないですから、できるだけ子供が楽しんでおいしく食べられるおかずを入れてあげます。おしゃべりもまだできなかった赤ちゃん時代を通り過ぎた入園後の子供は、自己主張もし始めますので、何でも自分でやりたい気持ちも高まる時期です。先生の手を借りなくても自分で食べられるような、ミニサイズのおにぎりなども子供には食べやすいですから、大きさには気を付けて作ってあげます。自分の手で持ちフォークやスプーンを使い食事をすることも学ぶ年頃ですが、本人のやりたい欲求とは裏腹に、まだ小さいうちはスプーンですくい、おかずを刺すくらいが限界です。おかずとしてお弁当箱に入れるものとしては、つるつると滑りやすくて丸い食べ物は、子供にはまだ難しいので、半分にカットしてあげて刺しやすくします。大人とは違い小さな子供はまだ手先を上手には使えませんので、お弁当のおかずは基本的に、刺してそのまま口に運べるように、一口サイズにして入れてあげるのが基本です。見た目重視やキャラ弁も人気はあるものの、子供の発育状態に合わせるほうが優先ですから、子供が食べやすい大きさや形にすることを心がけます。おかずは基本的には小さくカットしてあげること、ミニサイズで食べやすい方が食事も進みやすいです。

注目キーワード

認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
認可保育所
日本の児童福祉法に基づく児童福祉施設の保育所のこと。国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可する。区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所がある。大幅な公的資金補助があ......
<<関連情報:狭山市 保育園>>
PAGE TOP ↑