家CoCo

Home > 建物> 家CoCo

千葉でリフォームなら家CoCo (うちここ)|船橋、成田、八千代のリフォーム・リノベーション


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県でリフォームをお考えならぜひ家CoCo(うちここ)にお任せください!お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の部屋づくりのお手伝いを致します。マンションリフォームや中古リノベーションをお考えの方、船橋、千葉、成田、八千代も対応。

注文住宅などの一戸建ては築年数が10年を経過すると、住宅設備が古くなってきたり、屋根や外壁、壁材などが老朽化してきます。大切な住宅をなるべく長持ちさせたい人は、千葉の専門業者にリフォームを依頼して下さい。千葉の専門業者は広告宣伝費などのコストを削減しているので、高品質な素材を使用しているのに、費用を抑えた施工が可能です。住宅が古くなってきて、不便さを感じていたり、家族が増えたので増改築を依頼したい人は千葉の専門業者に相談しましょう。現代は省エネで環境に優しい家作りをしたい人が増加しています。住宅の屋根の種類や形状に合った太陽光パネルを設置することで自然エネルギーで発電ができるため、光熱費を大幅に削減したり、停電時でも電気が使用できます。高齢者やお子様、ペットなどのおられるご家庭では、転倒による怪我を防ぐために、滑りにくく、耐久性のある床材に変えたい人も増加しています。ペット対応の床材は、傷が付きにくく耐久性に優れているので、千葉の専門業者では取り扱っています。屋根や外壁は風雨や紫外線の影響を受けやすく、劣化がしやすい部分です。天井にしみが広がってきたり、雨漏りがして初めて気付く人も少なくありません。千葉の専門業者は、現地調査を行い雨漏りの原因を調べてくれるので、部分的な補修工事や屋根の葺き替えなどにも対応をしています。外壁は古くなってくるとひび割れが目立ってきたり、苔やカビなどが付着してきて、見た目の印象も悪くなります。外壁の劣化に気付いたら、自宅の形状に合った塗料を使用してリフォームをする必要があります。千葉の専門業者では耐久性に優れた塗料を使用していますし、きちんと足場を組んで安全性の高い施工を心掛けています。千葉の専門業者は騒音や振動、粉塵などを抑えたリフォーム工事を心掛けているので、近隣住民に迷惑が掛からないように細心の注意を払ってくれます。優良な専門業者なので、費用も適正になっています。

注目キーワード

リフォームスタジオ
英文表記:Reform Studio Co., Ltd. リフォームスタジオ株式会社は、東京都中央区に本社をおく、イオングループの会社。 **主な事業内容 + アパレルのファッションリフォームサービスとこれに関するサービス業務...
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
PAGE TOP ↑