家探し.com

Home > 建物> 家探し.com

富士市・富士宮市の不動産は「株式会社ハウシード」にお任せ下さい


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

富士市・富士宮市で不動産会社をお探しの方は「株式会社ハウシード」へどうぞ。1000件以上の新築・中古住宅・土地・マンション情報を掲載。WEBから簡単に物件検索が行えます。無料会員登録で、更にお得な物件情報や安心サービスを受ける事が可能です。

富士市の住宅はいつ買えばお得なのか、住宅価格について消費者が考える際に知っておいてほしいのは、住宅価格が上昇していても、長期的なトレンドで把握すれば、決して高くはないという点です。不動産情報を誰しもがチェックしますが、比較の基準が安いのか、高いのかが分からないため、判断はできないのが事実です。富士市の住宅価格、いつの時代のものが高かったのかを見極めるには、長い時間軸で土地や住宅の価格変化を見る必要があるのではないでしょうか。そこでチェックすべきは、直近までの富士市におけるマンションなどの平均価格や平均坪単位の変遷と国内総生産、勤労者世帯所得の変遷などです。経済の影響もありますが、住宅価格の大まかな変遷を踏まえた上で、安い・高いと言われた時代の価格のレベルを分析すべきです。富士市において、マンションは広くなった上、構造的にも強くなったり、機能も充実しています。なので、単純比較してしまってはあまり意味がないようです。しかし、今だから言えることは、広く快適になっている現在のマンションは、バブル崩壊期のマンションと同じレベルの価格であるという点です。以前には、億マンションが建ち、分譲マンションの価格も上昇したエリアもありましたが、数字だけをチェックしてはなりません。価格は一様に上昇しているワケではなく、富士市の中でも格差はあり、例えば、富士の山を一望できるなど、一部だけが激しい値上がりとなっています。投資目的で購入する消費者もいるでしょうが、住む目的で購入する実需向けマンションが今、注目されています。購入に至る動機は、結婚や出産でしょう。そのため、どこの場所を選んでもいいというワケにもいきません。家族がいれば、生活するということを前提とした環境でなければならず、自分が生まれ育った富士市でも、結婚すれば転勤族となるなどの個別具体的な動機によって、一定のエリア内で選択しなければなりません。単身者ではなく、すでに家族がいる人が不動産購入をしたい考えを馳せています。それだけに富士市には、3LDKほどの間取りが確保できる不動産がやはり人気になっています。

注目キーワード

不動産市場
【real estate market】 不動産のマーケット
不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。
<<関連情報:富士市 不動産>>
PAGE TOP ↑