ブライダルアーツ

Home > ワーク> ブライダルアーツ

ブライダルアーツ | 東京渋谷区でフォトウェディングならブライダルアーツへ。ロケーション撮影や和装での前撮りも対応しております。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式を挙げるとなれば、まず考えなくてはならないのが予算と規模ではないでしょうか。大人数のゲストを呼び、かなり盛大に挙げるという人もいれば、本当に身近な親しい人のみを呼ぶという人もいます。どちらにもそれぞれにメリットもあれば注意すべき点もあるので、よく考えてから決めるようにしましょう。まず、大規模な結婚式の場合には、ゲストの数も増えるので当然大きな会場を選ぶことになります。そうなれば、盛大に結婚式を挙げることができらので、豪華で派手な式にしたいという人にもぴったりです。規模が大きくなれば、会場を貸し切ったり、宿泊を提供できるサービスを利用することが可能になったりと、サービス面も充実します。規模が大きくなれば、当然トータル費用もアップするので注意しておかなくてはなりませゆが、ゲストの数が増えることにより、ご祝儀が増えることになるのでプラスマイナスゼロとなることもあります。支払いが前払いとなれば、事前にまとまったお金が必要となるので、分割か後払いが可能かは忘れずチェックしておきましょう。その一方で規模の小さな結婚式は、参加してくれたゲスト一人ひとりと話をする時間がしっかりと取れ、ゲストとの距離が近いというのが大きな特徴であり魅力となります。本当に祝ってもらいたい人だけをゲストとすることにより、アットホームで楽しい式にすることができ、煩わしい人間関係で悩んだり、どの範囲内まで呼ぶべきかで悩む必要が減ります。式の規模が小さければ、その分準備の負担が減らというのもメリットではないでしょうか。なかなか準備の時間が取れないとなれば、準備が進まず精神的な負担も大きくなってしまいます。時間に余裕がない人にこそ、規模が小さい結婚式は適しているのではないでしょうか。結婚式に招待するゲストの人数により、金銭面などの差はかならず出てきますが、人数が多い方か少ない方かどちらが幸せなのかは、個人の考え方により異なるのではないでしょうか。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
<<関連情報:フォトウェディング 東京>>
PAGE TOP ↑