グッドワン

Home > ワーク> グッドワン

歯科開業のコンサルティングならグッドワン。資金調達から開業場所・居抜き物件探しまでお気軽にご相談ください。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

歯科開業コンサルティングのグッドワン。資金調達から開業場所・居抜き物件探しまでお気軽にご相談ください。相談は何度でも無料!歯科医院の開業から経営の全てをプロデュースします。

2017年3月発表の歯科医師国家試験の合格率は65%でしたが、同時発表された医師国家試験の合格率は88%でした。以前は、歯科医師国家試験も、医師国家試験と同じく90%前後の合格率でした。しかし、ここ10年くらいは歯科医師国家試験の合格率が下がり続けています。この背景には、過剰傾向にある歯科医師を抑制しようという国の思惑があります。国は1960年代に、人口10万人に対して歯科医師を50人にするという目標を定め、歯学部、歯科大学を過剰に新設しました。その結果、現在は人口10万人に対して歯科医師は80人超という、過剰傾向にあります。国は1980年代から、歯科医師過剰時代が到来することを予測し、歯学部、歯科大学の入学定員20%削減、1990年代には更に10%削減を目標にしましたが、私立大学には影響が及ばないことや、大学経営の問題に直面し、削減は達成できませんでした。現在、文部科学省は各大学に定員削減を要請しています。厚生労働省では、2029年には歯科医師が1万4000人過剰になると推計しており、国家試験の合格基準引き上げを提言しました。その結果、歯科医師国家試験の合格率が65%という時代になりました。しかし、歯科医師は人口が多く、首都に集中する傾向があります。そのため、ベッドタウンの歯科医師は不足し、都心ではコンビニよりも歯科医院が多いという問題が発生します。また、女性歯科医師は、男性歯科医師よりも勤務日数や時間が短い場合が多いです。医師や看護師と違い、歯科医師の特徴として、臨床現場から離れると復帰しづらい現状があります。これは、女性歯科医師に対して、復職支援制度や対策がないからです。少子高齢化が進めば、都心では経済的に困窮した歯科医師が増え、ベッドタウンでは高齢患者が溢れるという状態になります。単に歯科医師国家試験の合格率を下げるという対応だけでなく、歯科医師にも患者にも配慮した解決策が望まれます。

注目キーワード

動物病院
獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称。 アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。獣医師の他動物看護師、助手などで成り立つ。 近年のペットブームの影響を受けて世界...
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
<<関連情報:歯科 開業 コンサル>>
PAGE TOP ↑