田舎暮らし千葉外房不動産情報 千葉県房総半島九十九里

Home > サービス業界> 田舎暮らし千葉外房不動産情報 千葉県房総半島九十九里

新茂原ホーム【公式】 | 千葉外房で田舎暮らしをするなら


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉外房で田舎暮らしをするなら

田舎暮らしをするなら、過疎化が進む地域も少なからずある中、千葉に移住あるいは永住を考えるシニア世代も少なくはないようです。そのため、年金生活に入る前には、様々な段取りや行動に移る方もいらっしゃいます。例えば、千葉へ移るならば、現在の住まいをどうすべきか、また永住と考えるならばどのエリアの不動産を選ぶべきなのか、不動産情報にアンテナを張るようになります。田舎暮らしを考える方の多くは、都会での生活に疲れていたり、残りの人生を桜花したり、ゆったりのんびり、こうした意見が大半の理由でしょう。若者が田舎で暮らすことは、結婚が最も理由付けされています。これは、子供を育てる環境もあって、加えて、アレルギーなどの疾患の問題などから自然豊かな土地へと移り住みたい考えもあるようです。田舎に住むにしても、特に人気を集めるのは房総エリア・半島など、リゾート地として評価されているエリアです。世間一般に田舎のイメージは、少子高齢化であって、見応えは山あるいは川、という自然のみで、生活する環境として不便であるイメージが根付いているようです。しかし、過疎化が進むエリアにおいても、地方自治体が頑張りを見せています。バスの便も1時間1本に増やすことや、スーパーや小売店、観光地として人を招くために交通事情から施設独自のオプション、サービスが充実するようになっています。高齢者にも優しく、若手の意見を取り入れたり、若手に経営、運営のチャンスを与えるプロジェクトも展開されています。今や、フォトジェニックまでが意識されており、アートな世界観を演出する景観までが千葉では魅力です。田舎暮らしでは、リゾート物件でも中古住宅が人気を集めています。暮らすにしても、まずは衣食住が大事です。中古ならばリノベーションで好きに造り変えることができるからで、海が一望できるビーチ沿いに不動産を構える方は、ニーズに合わせて、賃貸として貸し出しています。不動産投資、最近では千葉に暮らしたい方をターゲットに、在住者も様々な行動に移っているようです。
PAGE TOP ↑