ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス業界> ジャパンドッグアカデミー

セラピードッグとさまざまなプログラムを行うドッグセラピストとは


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セラピードッグと共にこころ・身体・コミュニケーション力などの援助を行うドッグセラピスト。ドッグセラピーは高齢者施設、小学校、児童館、医療センターなど活躍の場が多くあります。ジャパンドッグアカデミーでしか学べない技術、知識を身に付けて活躍しませんか。

私は以前ペットショップの受付でアルバイトをしていた経験があります。そのペットショップではしつけ教室なども併設していて、その中にはセラピードッグもいました。実際にセラピードッグがいろいろな人をいやしているという話しを聞いて、私もいつかセラピードッグにかかわる仕事がしたいと思うようになりました。そして主人に相談したうえで、ドッグトレーニングにたずさわる仕事がしたいと思い、こちらの学校に入学しました。 このような仕事にはあこがれだけで、携わったことは一度もありませんでしたが、初心者でも強い思いがあれば大丈夫ということで、私も入学を決意しました。ここでは様々な知識や技術を学ぶことができました。犬に負担をかけることなく短時間で効率よく育てる技術を始め、問題が起こった際の解決能力や実際にドックセラピーやしつけ教室などで指導するための基礎リズムなども学ぶことができました。好機になると、実際の現場の声を取り入れた特区トレーニングも行うようになり、あらゆる状況でも関係性の崩れないトレーニングや、実際のしつけ教室などの現場に出た時の指導方法なども学ぶことができました。 今では以前受け付けとして勤めていたペットショップのしつけ教室で、指導にあたる立場として働いています。とてもやりがいがあり、様々なことを身につけさせてくれて本当に感謝しています。

注目キーワード

盲導犬
視覚障害者の生活を補助する犬。 犬の種類はラブラドールが一般的。 関連語 いぬ
負け犬
けんかに負けて、しっぽをまいて逃げる犬。比喩的に、勝負、競争に負けてすごすごと引き下がる者。 「―は吠える」「―根性」 -映画字幕では"loser(ルーザー)"を「負け犬」と訳している場面が多く見受けられる。 -第...
PAGE TOP ↑