Berry&Rose

Home > サービス業界> Berry&Rose

人毛の医療用ウィッグ・おしゃれな医療用かつらのベリー&ローズ


の関連情報

かつら、カツラ(桂、葛、鬘)
※テキストはWikipedia より引用しています。

Berry&Roseでは人毛の医療用ウィッグを各種取り揃えています。抗がん剤治療中や円形脱毛症患者さんに、高品質人毛100%バージンヘアを使用したおしゃれな医療用ウィッグを販売しています。既製品の他にもオーダーウィッグも取り扱っております。かつらを使う人と同じ目線で、的確にアドバイスいたします。

ウィッグに活用される髪には、人毛、人工毛それから、人毛と人工毛を重ねたミックス毛が存在します。とりわけ、抗がん剤の治療している間に活用する医療用ウィッグは、頭部の肌に対し負担が少なくて済むものを選定することがベストです。人毛は、業者が提供者サイドより集めたものから作成してあります。今は、日本人と毛の質が近い中国サイドからのものが多いと言えます。集められた毛は、一回脱色して色々な色に染毛されて、コーティングや殺菌処理が行われます。 自毛と遜色ないくらいの特性を持っていることから、外見上やさわり心地、光沢などがナチュラルで、自毛となじみ易いので医療用ウィッグによく利用されています。更に、カラーもしくはパーマなど、イメージ通りにスタイリングもできます。ドライヤーが利用できたり、長期にわたって活用しても縮れにくく、雨や水に濡れてしまったときも不自然さが現れません。 短所としては、痛みを阻止するため、細かなお手入れが必要である点それから、ひとたび脱色したものを活用していることから、時間が過ぎると色あせや変色が発生してしまう点が挙げられます。さらに、人工毛と比較して高価なものが多いです。 一方、人工毛に関しては、ポリエステルといった化学繊維から作成してあります。形状記憶性を有しているので、セットが不必要だったり、入用な場合でも容易に済ませられることが大半です。 シャンプーを行なっても型崩れしづらく、乾き易いのでメンテナンスが楽です。化学繊維に対して染色していることから、色あせや変色はあまり起こりません。人毛と比較して軽く、劣化しにくいというアドバンテージもありますので医療用ウィッグとして利用している人もいます。金額も、リーズナブルな価格で手に入れることができます。 デメリットとしては、外見上や光沢、さわり心地などの点で劣ります。たしかに水をはじくので、シャンプーした後は乾き易いですが、雨に濡れた時などは不自然な感じがすることもあります。パーマやカラーは行えず、静電気や摩擦そして、高温にあまり強くないというウイークポイントもあります。
<<関連情報:医療用ウィッグ 人毛>>
PAGE TOP ↑