(株)藤建企画

Home > 建物> (株)藤建企画

調布市で不動産なら藤建企画 | 調布市・狛江市の地域密着不動産


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調布市で不動産に関することなら藤建企画へ。駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て、不動産の相談に乗らせていただきます。

調布市で賃貸物件を探そうとしたときに、できるだけ良い条件のアパートやマンションを探したいと誰もが考えます。部屋探しはこれからの生活を基盤になる場所ですから、良い不動産業者とのご縁を結んで、調布に我が城を見つけることです。どの業者に頼んで部屋探しをするかは悩ましいですが、つい宣伝看板には目が行きますし、そこに書かれている内容で決めてしまうこともあります。調布市でナンバー1の物件数だとか、物件取扱件数が1番とか書いてあると、これなら良い部屋をするに探せそうだと、人間は素直に受け止める生き物です。レインズで共有されている物件情報ですので、実はほかの業者が持つ物件であろうとも、お客さんに紹介をすることはできます。広く言えばこの業界は持ちつ持たれつなので、自分の会社だけの物件で営業はしていません。その不動産会社の本社のあるエリアに、空室を500件以上持っていたとして、それでも老舗の会社でも持っているのは100件くらいが現実です。もっと言うと1つの会社で取り扱っているのは、ほんの数十件というのが本当のところになります。また長く営業をして信頼も厚い老舗の会社になるほど、わざわざ紹介可能物件がトップなどという看板を出すことはありません。出てきては消えてしまうこの業界の中にあって、老舗の会社は長く続けるだけの、多くの顧客からの信頼があります。表だけ良く見せて本当は違うというような、顧客をがっかりさせるようなことはしないで、顧客と向き合う際には誠実です。物件数がナンバー1という大げさな広告は不要ですし、わざ技そんな看板を出す必要はありません。逆にやけに物件数が1番にこだわって看板を出すような会社は、自信のなさの表れでもあります。現実的にも物件情報はシェアが基本の業界なので、本当に取り扱い物件数がトップの不動産というのはないです。調布市で住まいを見つけるのであれば、迷うようなら老舗の不動産会社に相談をするのが安心できます。

注目キーワード

不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。
不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...
<<関連情報:調布市 不動産>>
PAGE TOP ↑