CCTカークリーニング竹花

Home > 乗物業界> CCTカークリーニング竹花

車のシート洗浄やシートクリーニング事例|創業32年CCTカークリーニング竹花


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車やクルーザーの室内クリーニング、車内清掃の施工事例紹介。ビフォーアフターでご紹介しております☆埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,000円(税抜)!

シートクリーニングは車の掃除の中でもなかなかやる人は少ないですが、定期的に行う事でより綺麗でシート自体もよい状態を保つことに繋がります。そんため出来ればシートクリーニングは、定期的に行うことが望ましいですよ。では実際にシートの掃除作業を行う場合ですが、手順をある程度把握しながら行うと効率よく進められることができますよ。まず作業の流れとして、上から下に作業を進めていくと覚えておくと良いです。最初に天井の掃除を行います。拭き掃除などがメインになりますが、あまり力を入れ過ぎずに拭くのがよいですね。次にシートの埃を叩きだします。小さいホウキなどを利用してもよいですし、布団叩きなどを利用して叩くと埃を効率よくだすことができます。その後はシートを掃除機で掃除を行います。ノズルなどを交換しながら行うと、より細かい所の埃も吸い取ることができます。次に内窓とダッシュボードなどの拭き掃除を行います。水雑巾で問題ありませんが、水はしっかり絞りぼたぼたと水がたれないようにすると良いですね。水拭きの際にシートも合わせて拭くよ、表面の汚れを綺麗に落とすことが出来ます。次に車内のフロアマットの掃除をお行います。フロアマットは広い敷地で布団叩きなどで叩くと、埃や汚れを落とすことができます。底の部分に溜まっているゴミなどは、掃除機で吸い取ったりホウキで吐き出すと良いですね。この時も掃除機のノズルは場所によって使い分けを行います。最後にトランク部分を掃除すれば、車内の清掃はほぼ完了隣ます。シートクリーニングは特別は事はなく、掃除機を使った掃除と拭き掃除だけで十分汚れを落とすことができます。ただしあまりに掃除をせずに放置していると、放置期間が長ければ長いほど汚れは酷くなります。そうなると拭き掃除自体が1度や2度では汚れが落ちず、数回に分けて拭き掃除が必要になることもありんす。そのためやはり汚れを長期的に貯めるこてゃさけ、定期的に綺麗にすることがポイントですね。
<<関連情報:車 シートクリーニング>>
PAGE TOP ↑